デンソー九州 > 企業情報 > 会社概要・沿革

企業情報|ごあいさつ

代表取締役社長 柳下 制也

代表取締役社長 柳下 制也

 当社は、1993年に(株)デンソーの九州工場としてカーエアコンシステムの生産を開始、
その後、北部九州における自動車生産が拡大する中、皆様のご支援を頂きながら成長してまいりました。
 2006年4月には(株)デンソー初の製造部門分離独立会社”株デンソー北九州製作所”として出発し、新たにディーゼル燃料噴射製品の工場を設立、生産を開始いたしました。
 また、2008年4月には(株)デンソー広島工場の統合により、西日本エリア全体を視野に入れた生産体制整備を進めてまいりました。
 そして、2014年4月、当社が西日本の車両生産拠点の一翼を担う企業として、「地域を代表する会社への発展を目指した新たな一歩を踏み出す」という思いを込めて“(株)デンソー九州”へと社名を変更いたしました。

 私どもは、デンソースピリットを受け継ぎ、モノづくりの基本の定着と革新的取り組みにたゆまず挑戦してまいります。
 人を大切にし、その可能性を活かし、最先端の技術と技能を極めてゆくことで、「世界で一番」のものや「世界でここだけ」のものを造り、地域社会の皆様や、お得意先様、お取引先様にとって「かけがえのない会社」と言って頂ける様、従業員一同努力してまいります。

どうぞこれからも皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。